あるいは 迷った 困った

漫画、ラノベ、映画、アニメ、囲碁など、好きなものを紹介する雑記ブログです。

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』のブロリーって誰? おさらいと予想!(ネタバレ注意)

 

ドラゴンボールZ 復活の「F」以来3年以上ぶりのドラゴンボールの映画。

20弾目の節目の映画は、ドラゴンボールの劇場版の敵キャラと言えば真っ先に頭に浮かぶブロリーがタイトルに冠されたドラゴンボール超 ブロリーとなります。

2018年12月14日にいよいよ公開となり、楽しみでなりませんね!

しかし、ブロリーが最後にドラゴンボールのアニメ(映画)に登場したのは1994年のこと。実に25年も前のことなんですね。

その圧倒的な人気からゲーム作品には登場していますが、一方で若い世代には知らない人も増えてきているのではないでしょうか?

特にドラゴンボール超のどストライク世代の今の子供なんて、アニメに登場した女サイヤ人・ケールを見ても、彼女が女ブロリーと言われている所以もわからなかったのではないでしょうか?

ブロリーを知らない人も、知っているけど忘れかけている人も、映画公開前にブロリーについておさらいをしておきましょう!

?

ブロリーとは?

超サイヤ人としての孫悟空は「穏やかな心を持ちながら激しい怒りによって目覚めた伝説の戦士」を自称していますが、これは当初ベジータの言っていた1000年に一度現れる伝説の戦士のイメージとは異なりますよね?

そこで「もし1000年に一人現れる純粋に殺戮と破壊を好む「伝説の超サイヤ人」が別に存在していたら?」というコンセプトのもとに作られたキャラクターがブロリーなのだそうです。

ドラゴンボールには数々の強敵が登場しますが、大抵の場合は悪役なら悪役らしい意思や目的を持っていますが、ブロリーの場合はその辺が極端に薄弱なのが特徴です。

例えば、フリーザは惑星の地上げ屋だし、セルは世界の支配者を目論んでいました。ブウは微妙ですが、子供っぽい無邪気さでただただ楽しんでいるという印象でしたね。

それに対してブロリーは、純粋に強さと破壊衝動の権化のような存在として描かれていたのではないかと思います。

一応、赤ん坊の頃に孫悟空と隣の保育器で、孫悟空の鳴き声に驚かされたことから孫悟空を恨んでいるという設定がありますが、孫悟空に対してはその破壊衝動が他のものに対してより強くなっているくらいの意味合いくらいしかないように感じられます。

そんな感じのキャラクターなものだから、昔ブロリーの映画を観た時には子供心にちょっと怖いと感じたものです。

「おめぇは悪い奴じゃねえ。オラにはわかるんだ」

しかし、悪人としてのポリシーの見えないキャラクターでもあり、そういう意味では今回のドラゴンボール超 ブロリーの予告で悟空がそう言っているように、ただただ悪い奴というわけでもないのかもしれませんね。

ブロリーの登場する作品の紹介(おさらい)

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

セルゲーム前後の時系列の作品で、ブロリー初登場の作品となります。

ベジータに恨みのあるサイヤ人・パラガスがベジータを新惑星ベジータの王に迎えるという口実で誘い出す所から物語が始まります。

「伝説の超サイヤ人を倒せるのは貴方しかいません」

いかにもベジータが誘いに乗りそうな口実でベジータを誘い出しますが、実はこのパラガスの息子のブロリーこそが伝説の超サイヤ人でした。

最初は大人しい優男風のサイヤ人だったブロリーですが、恨みのある孫悟空が現れたあたりから、徐々にパラガスですら制御できないようになっていきます。

ドラゴンボールの主力メンバーの総力戦でも敵わないブロリーが初めて登場した映画。

ドラゴンボール超 ブロリーの公開前に、最低でもこれだけは見直しておきたいですね。

ちなみに、本作品に登場するベジータは度々ネタとして扱われがちなので、本作品を観たことが無い人でも、どこかで本作品をネタにした何かに触れたことはあるかもしれません。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない

ブロリー登場の二作品目。

魔人ブウ編の序盤に行われた天下一武道会前の時系列の出来事のため、主人公は孫悟空ではなく孫悟飯である。

一作品目で孫悟空に敗れたブロリーは、実は宇宙ポッドで脱出して地球にやってきていたのですが、しかし着地点が極寒地方であったため氷漬けにされてしまっていた。

それがビーデルに叱られた孫悟天の鳴き声に感応する形で復活。再びブロリーとの決着を望む戦いが始まります。

一作品目の終始緊迫した空気感とは打って変わって、孫悟天とトランクス、そしてビーデルドラゴンボール集めという比較的ほのぼのとした雰囲気から始まるのが特徴です。

序盤の戦闘シーンもコミカルなもので、戦闘中にも関わらずコミカルなBGMが流れているシーンもあったのが印象的でした。

個人的には、まさかのビーデルVSブロリーのシーンが印象的で忘れられませんでしたね。(しかも本作品のビーデルはアニメ本編より可愛い)

ドラゴンボールでは女性キャラクターが味方側の戦闘要員として活躍することは少ないので、そういう意味でも注目の作品となります。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

ブロリー本人ではなく、ブロリーのクローンであるバイオブロリーが敵キャラとして現れる三作品目。

一作品目は孫悟空、二作品目は孫悟飯、そしてこの三作品目は孫悟天をメインに戦うというコンセプトの作品となります。

孫悟空孫悟飯の出番の少ない作品だと思っていましたが、彼ら登場しすぎると孫悟天の活躍の場を奪う結果となり、コンセプトを満たせないという事情があったみたいです。

バイオブロリーとして不完全に復活したブロリーは、強敵ではあるものの以前ほどの強キャラ感は無くなっているように思っていましたが、それも孫悟天をメインに据える上での事情だったのかもしれませんね。

孫悟天、トランクス、18号、そしてクリリンがメインの戦闘要員になっていて、いつもなら主力のメンバーが不在の状況にリアリティを出すためにはブロリーの側に弱くなってもらう必要があったのだと考えられます。

しかし、ブロリーは弱体化してしまったものの本作品も面白い映画であることは間違いありません!

ちなみに、時系列的には魔人ブウ編の天下一武道会直後あたりなのですが、その頃本編では魔人ブウ騒動で大忙しだったはず。劇場版ならではのイフストーリーなのかと思われます。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

ドラゴンボール超 ブロリー

youtu.be

そして、今回25年の時を経て再び銀幕にブロリーが登場する映画ですね。

制作発表から1年、いよいよという感じでとても楽しみです!

力の大会を経て実力も増しるはずの孫悟空達の敵として相応しい強敵として、ブロリーほど納得感のある奴はいません。

いや、過去三作品のブロリーと力の大会で戦ったジレンとでは、間違いなくジレンの方が強いとは思うのですが、今回ブロリーは過去三作品とは切り離された新しいキャラクターとして描かれていて、孫悟空たちとも初対面の設定になっています。

一旦過去三作品のブロリーを忘れた上で、しかしブロリーがどういうキャラクターなのかを知っている状態であれば、『伝説の超サイヤ人』としてのブロリーこそが満を持して登場するキャラクターとして適当であることが分かりますね。

予告映像からも、ブロリーが以前に増した強キャラとして描かれていることは間違いありません。

孫悟空たちとどのような戦いを繰り広げるのか、今から楽しみです!

www.dbmovie-20th.com

今回の映画はどんな映画?

注目ポイント1.今作でのブロリー

孫悟空ベジータとも今回の映画で初対面という設定。つまり、過去三作品のブロリーを一旦無かったことにして再び描かれるということなのだと思います。

ということは、大筋は変わらないでしょうけどブロリーそのもの設定にも変更がある可能性があります。

少なくとも、過去三作品の頃よりは遥かに強くなっていることでしょうね。そうでないと、過去三作品の頃より遥かに強くなっている孫悟空ベジータの強敵としては流石に不足だと思われます。

そして、そんなブロリーがなぜ地球にやってきたのか?

目的や経緯が非常に気になる所です。

公式サイトのキャラクター紹介のパラガスの項を見ると、過去三作品よりジジイになってるパラガスが何やら怪しいアイテムを持っているので、その辺に何か秘密がありそうですね。

「おめぇは悪い奴じゃねえ。オラにはわかるんだ」

そして気になるのは予告での孫悟空のこのセリフ。

ブロリーが悪い奴なのかどうかはともかくとして、このセリフから想像できる結末としては、完全にブロリーを倒すことにはならない可能性が出てきているのではないかと推測できますね。

注目ポイント2.メインの登場人物

予告や公式サイトのキャラクター紹介を見る限りだと、敵キャラであるブロリー以外だと、孫悟空ベジータフリーザがメインの登場人物になっているようですね。

そしてWikipediaを見ると孫悟飯の名前は無いのに孫悟天やトランクスの名前があるのも気になる所ですね。

過去三作品の内、二作品でメインを張っていたコンビが今作にも登場するのでしょうか?

公式サイトや予告には姿が見えないので、この辺は実際に見てみないとわからないですね。

www.youtube.com

しかし、876TVのYouTubeチャンネルよりドラゴンボール超 ブロリーゴジータが登場することが明らかになりました。

孫悟空ベジータフュージョンした姿であるゴジータが登場するということは、当て馬・・というと言い方は悪いですが、何かしらの形でゴテンクス孫悟天とトランクスのフュージョンした姿)が登場する可能性は高そうですよね。

注目ポイント3.フリーザの動向

そして、力の大会後に生き返ったフリーザ。どうやら地球が舞台であるドラゴンボール超 ブロリーにメイン級で登場しているということは、今は地球にいるのでしょうか?

いや、フリーザ軍も登場するようなのでかつてのように宇宙にいるのかもしれません。

いずれにしても、サイヤ人という種族にとって因縁のあるフリーザがどのようにストーリに絡んでくるのかは最も気になる点の一つだと思います。

注目ポイント4.孫悟空の両親たち

そして、何と言ってもバーダックとギネ。孫悟空の両親ですね。

特に孫悟空の母親であるギネは、銀河パトロールジャコに収録されているおまけ漫画に初登場して以降、アニメ版には全く登場していなかっただけにかなり楽しみです。

恐らくですが、このおまけ漫画で語られている内容にブロリーを絡める形で膨らませたようなエピソードが語られるのではないかと推測しています。

個人的には、孫悟空とギネは是非とも邂逅して欲しいキャラクターランキング1位なのですが、さすがに時系列的に無理があってそれは望めないのが残念な所です。