あるいは 迷った 困った

漫画、ラノベ、映画、アニメ、囲碁など、好きなものを紹介する雑記ブログです。

漫画・ラノベ

『いじめるヤバイ奴(3)』こんな修学旅行の学園もの作品は初めて見た!(ネタバレ注意)

// 相変わらずヤバさ全開の作品ですね。 『いじめるヤバイ奴』は早くも3巻目です。 なんというか、面白いっていうのとは違うんですけど何故か続きを読みたくなってしまう何かがある作品ですよね。 感動したとか、スカッとしたとか、キャラクターが魅力的とか…

『犯人たちの事件簿(6)』ついにFILEシリーズの犯人が全滅した漫画の感想(ネタバレ注意)

// 『犯人たちの事件簿』もついに6巻目。 どうやら今巻で金田一少年の事件簿のファーストシーズンとも言うべきFILEシリーズは完了したようです。 ある意味ではミステリーにおける最大のタブーである犯人のネタバレを全力で行ってきた漫画とも言えるのですが…

『ラブひな(1)』現代お約束ラブコメの原点とも言える作品の感想(ネタバレ注意)

ラブコメときいて皆さんはどの作品を真っ先に思い浮かべますか? 僕は本記事で紹介する『ラブひな』を真っ先に思い浮かべます。 本記事のタイトルに「現代お約束ラブコメの原点とも言える作品」と題するくらいには、ラブコメというジャンルがイコール『ラブ…

『本好きの下剋上第四部(7)』アニメ化情報もどんどん出てきて盛り上がっている作品の感想(ネタバレ注意)

// 『本好きの下剋上』のアニメは2019年10月に決まったようですね。 マイン、フェルディナンド以外のキャストも公開され、ますます期待が高まってきます。 そして、今巻の内容については前巻の後日談的な色合いが強かったような気がします。 前巻ラストで頭…

『金色のガッシュ!!』原作漫画全巻のレビュー記事まとめ(ネタバレ注意)

『金色のガッシュ!!』という作品のことを、これまで「平成最高の激熱バディもの漫画」だと紹介してきました。 これは僕が昔『金色のガッシュ!!』という作品を読んだ時に感じた率直な感想そのままとなります。 しかし、今回全巻をレビューするにあたり久々に…

『ダンまち(15)』キャラクターの成長が見える短編集の感想(ネタバレ注意)

// 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』。略して『ダンまち』の最新15巻は箸休め的な短編集になっています。 前巻が息をつく暇もない冒険に次ぐ冒険といった内容だったので、久々の日常編といった感じですね。 あとがきによると、ナンバ…

『金色のガッシュ!!(16)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// ついにやさしい王様が誕生する最終巻です。(前巻のレビューはこちら) 大きくは邂逅編、石板編、ファウード編、そして最後のクリア・ノート編の4つに分類される『金色のガッシュ!!』ですが、これで最後になります。 長期連載の少年漫画には、どんな名作…

『金色のガッシュ!!(15)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// ついに最凶の敵クリア・ノートが登場する15巻です。(前巻のレビューはこちら) 魔物の王様を巡る戦いの生き残りも10名を切り最終盤に差し掛かっています。 全ての魔物を消し去ろうとする最凶の敵クリア・ノートが登場し、シェリー・ブラゴペアを含めた清…

『金色のガッシュ!!(14)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// ついにファウード編が決着する14巻です。(前巻のレビューはこちら) 今までとは違うバオウ・ザケルガの力に翻弄されつつも、チェリッシュの助け、そして復活したティオの守りたい力。 様々な助けがあって、ついにガッシュとゼオンの決着がお膳立てされて…

『こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌(1)』ビブリオバトルをテーマにしたラノベの感想(ネタバレ注意)

// 『こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌』は、三上延先生の特大ヒット作である『ビブリア古書堂の事件手帖』のスピンオフ作品であり、篠川栞子をはじめとした『ビブリア古書堂の事件手帖』のキャラクターも登場するファンには嬉しい作品となってい…

『金色のガッシュ!!(13)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// ゼオン戦が開幕する13巻です。(前巻のレビューはこちら) ファウード編もクライマックスが近付いてきましたね。 クライマックスが近いだけでまだまだこれからですが、個人的にはこの13巻の内容が連載当時から非常に強く印象に残っています。 清麿の復活…

『ダークギャザリング(1)』サイコな霊能少女が異色なホラー漫画の感想(ネタバレ注意)

中二っぽい女の子のキャラクターが結構好きです。 // そういうわけで表紙に惹かれて購入してみた『ダークギャザリング』でしたが、表紙の女の子・寶月夜宵はなかなかサイコで良いキャラクターをしていました。 霊能力者が怪異を相手取るフィクション作品には…

『金色のガッシュ!!(12)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// チェリッシュが格好良い12巻です。(前巻のレビューはこちら) 12巻は清麿・ガッシュペアの味方に見所の多い内容になっているのではないかと思います。 非常に清麿・ガッシュと近しい魔物であるウォンレイの本が燃えてしまったこと。 チェリッシュの登場…

『金色のガッシュ!!(11)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// 清麿大ピンチの11巻です。(前巻のレビューはこちら) いよいよファウードの体内での探索が始まります。 ファウードの封印の解除。リオウの呪い。ファウードの魔界への返還。 短期間の間に数多くの問題が交錯する緊張感のある戦いが続きます。 特に、清麿…

『金色のガッシュ!!(10)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// 魔界の建造物らしきものの正体が明らかになる10巻です。(前巻のレビューはこちら) 魔界の建造物らしきものの名前はファウードといい、恐ろしく巨大な魔物であることが判明します。 清麿ですら気付かないそれに気付くキャンチョメの勘の良さはなかなかの…

『貞子さんとさだこちゃん』貞子が主人公のコメディ作品の感想(ネタバレ注意)

// このレビュー記事を読んだ人は・・ 7日後に死んだり死ななかったりするかもしれません。 スミマセン嘘です。(笑) 中学生の頃に見た『リング』を観た時に、ホラー映画なんて怖くないと思っていた僕に眠れぬ夜を与えてくれた貞子。 いや、『リング』を観…

『金色のガッシュ!!(9)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// 謎の魔界の建造物が登場する9巻です。(前巻のレビューはこちら) 石板編はいよいよ決着し、ゾフィスの本も燃やされました。 清麿・ガッシュたちの誰がか良き王になるという決意も新たに、清麿たちは日常へと帰っていきます。 次の大きなエピソードである…

囲碁や将棋といった盤上遊戯をテーマとした漫画・ラノベ作品10選

// こんにちは! 囲碁が大好き。あるいはと申します! 繰り返しますが、僕は囲碁という盤上遊戯が好きで好きで仕方がないのです。 実力は伴っていないんですけどね。 それに、ぶっちゃけ初心者以下だけど同じ盤上遊戯である将棋やチェスの世界にだって興味は…

『金色のガッシュ!!(8)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// レイラとシェリーのための1冊って感じの8巻です。(前巻のレビューはこちら) 『金色のガッシュ!!』って本当に見所が多すぎて困ります。こうしてレビュー記事を書くときに纏まらないから。(笑) 8巻では、もちろん清麿・ガッシュとその仲間といったメイ…

『壁ドン!(1)』確かにボルダリングって壁ドンだわって漫画の感想(ネタバレ注意)

// 『壁ドン!』とはいったい何の漫画でしょうか? 壁ドンには色々意味がありますからね。 真っ先に思い浮かぶのは、壁の薄いアパートなんかで騒音をまき散らす隣人を諫めるために壁を叩く行為のことで、比較的近年になってからは男性が女性を壁際に迫る行為…

『金色のガッシュ!!(7)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// ついにウマゴンが活躍する7巻です。(前巻のレビューはこちら) 非常に厳しい1000年前の魔物との戦いの中で、ついにウマゴンが人間のパートナーを見つけて戦えるようになったり、リィエン・ウォンレイペアも戦いに駆け付けたりと、いよいよメイン級キャラ…

『水曜日のトリップランチ(1)』美味しい時間が素敵な漫画の感想(ネタバレ注意)

// 最近は本当にグルメ漫画が多いですよね~ とはいえ、『水曜日のトリップランチ』は他のグルメ漫画とはまた少し毛色が違っているのではないかと思います。 多くのグルメ漫画は単純に美味な食べ物や変わった食べ物、実在のものをモデルとした飲食店にスポッ…

『金色のガッシュ!!(6)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// いよいよ石板編。1000年前の魔物との戦いが始まる6巻です。(前巻のレビューはこちら) 以前から少しずつ伏線が貼られていた1000年前の魔物の王様を巡る戦いで石板に閉じ込められてしまっていた魔物たちとの戦いが、今巻でいよいよ始まります。 『金色の…

『丹沢すだちが此処にイル!(2)』傘の人が友達になる2巻の感想です!(ネタバレ注意)

// 『丹沢すだちが此処にイル!』とは、「先生、トイレ」が言えないほどのアガリ症だけどラップでなら伝えられる女の子。 コミュ障系にわかラッパー丹沢すだちが可愛らしい漫画です。 1巻でのそのコミュ障っぷりは相当重度なものでしたが、十文字君と仲良く…

『金色のガッシュ!!(5)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// ガッシュの成長が感動的な5巻です。(前巻のレビューはこちら) 今までも清麿・ガッシュペアはやさしい王様を目指して奮闘していましたが、グスタフ・バリーペアやナゾナゾ博士・キッドペアといった強敵を前に明確に成長を望むようになってきます。 ガッ…

『映写室のわかばさん(1)』古き良き文化の担い手が描かれた漫画の感想(ネタバレ注意)

// 現代の映画館では大方の予想通りデジタルが主流だそうで、フィルム上映をしている映画館なんてのは日本国内にほとんど存在しないそうですね。 僕も映画好きですが、フィルム上映の映画なんて恐らく観たこともありません。 それでも映画館といえば、客席の…

『金色のガッシュ!!(4)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// ガッシュに似た名前の魔物の名前が明らかになる4巻です。(前巻のレビューはこちら) 『金色のガッシュ!!』に登場する魔物たちも、序盤に登場した子悪党じみたのは減ってきましたね。 アポロ・ロップスペアやゴルドー・ダニーペアなんかは、敗退してしま…

『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには(1)』何故強いのか分からない男の強さに迫る漫画の感想(ネタバレ注意)

// 『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』は、コンビニバイトでフリーターをしながら美大を目指す浪人生である川端強が、その凡庸で弱そうな外見とは裏腹に、どんな達人が挑んでも勝つことができない強さを誇っているけど、なんでそんなに強いのかは分から…

『金色のガッシュ!!(3)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// ガッシュに似た魔物が登場する3巻です。(前巻のレビューはこちら) もう何度も『金色のガッシュ!!』という作品を読んだことがあって、今回レビュー記事を書くにあたって読み直しているという立場の僕が、この3巻に対して抱いた印象は大きな伏線が張り巡…

『妻、小学生になる。(1)』タイトル通りの純愛漫画の感想(ネタバレ注意)

// 『妻、小学生になる。』は、亡くなった妻が転生した後、小学生になってから前世の記憶を取り戻して夫と娘の元に現れるという物語です。 こういう知人が別人になって現れる系の作品もまた珍しくはあるものの時たま見かける一ジャンルになっていますよね。 …