あるいは 迷った 困った

漫画、ラノベ、映画、アニメ、囲碁など、好きなものを紹介する雑記ブログです。

アニメ

『りゅうおうのおしごと(6)』将棋とAIの付き合い方がテーマの一冊です。(ネタバレ含む感想)

本記事は将棋ラノベの名作である『りゅうおうのおしごと!』の魅力を、ネタバレ含む感想を交えて全力でオススメするレビュー記事となります。 AIが将棋に与える影響が特徴的で、AIが育てた将棋という新しい世界を見せてくれる6巻目となります。

1980年代半ば生まれの人はアニメ英才教育世代だと思う件についての考察

// こんにちは! 自分はアニメ英才教育世代だと思っているあるいはと申します。 いきなり何を言い出すんだって感じかもしれませんけど、平成のアニメを振り返る記事を書いている時に、1980年代半ば生まれはアニメ英才教育世代だとふと思ったんです。 何故そ…

『りゅうおうのおしごと(11)』将棋星人の棲む星に地球人の女の子がたどり着くまでの物語(ネタバレ含む感想)

本記事は将棋ラノベの名作である『りゅうおうのおしごと!』の魅力を、ネタバレ含む感想を交えて全力でオススメするレビュー記事となります。 奨励会の三段リーグに打ちのめされた空銀子の過去と現在。既刊を含めても最も物語が進展を見せた11巻目となりま…

『りゅうおうのおしごと(5)』最強の挑戦者を迎えた竜王戦が激熱な一冊です。(ネタバレ含む感想)

本記事は将棋ラノベの名作である『りゅうおうのおしごと!』の魅力を、ネタバレ含む感想を交えて全力でオススメするレビュー記事となります。 将棋感を否定され、それでも最後には新境地へと至った八一が格好良い。最強の挑戦者を迎えた竜王戦が激熱な5巻目…

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ユア・ストーリーの意味がエモい劇場版の感想(ネタバレ注意)

dq-movie.com // とりあえずまず最初にこの映画を一言を表したら、絶対的に賛否が分かれる映画だと思いました。 特に原作ゲームが好きな人であればあるほど、観たかったのはコレじゃない感を抱いて、少なからずモヤモヤが残る結果になったのではないでしょう…

『りゅうおうのおしごと(4)』才能vs才能の初大会(ネタバレ含む感想)

本記事は将棋ラノベの名作である『りゅうおうのおしごと!』の魅力を、ネタバレ含む感想を交えて全力でオススメするレビュー記事となります。 初めての大会で無双する幼い天才、そして女流棋士の枠を超えた才能を持つ女流タイトルホルダーと雛鶴あいの一戦が…

『りゅうおうのおしごと(3)』努力と才能と決意が描かれた一冊です。(ネタバレ含む感想)

本記事は将棋ラノベの名作である『りゅうおうのおしごと!』の魅力を、ネタバレ含む感想を交えて全力でオススメするレビュー記事となります。 努力の人に挑む天才。女流棋士を目指すための決意。そして目前に迫った年齢制限に対する苦悩が描かれる3巻目とな…

『天気の子』100%の晴れ女が世界を救わない物語(ネタバレ含む感想)

映画『天気の子』より // 新海誠監督の最新作『天気の子』がいよいよ公開されたのでさっそく観てきました! 前作の『君の名は。』がちょっと普通ではないレベルのヒット作になったこともあって、かなり期待のハードルが上げられていた作品だと思いますが、こ…

『りゅうおうのおしごと(2)』もう一人のあいが登場します。(ネタバレ含む感想)

本記事は将棋ラノベの名作である『りゅうおうのおしごと!』の魅力を、ネタバレ含む感想を交えて全力でオススメするレビュー記事となります。 雛鶴あいのライバル、もう一人の「あい」が登場する2巻目となります。

『りゅうおうのおしごと(1)』名作将棋ラノベの魅力(ネタバレ含む感想)

本記事は将棋ラノベの名作である『りゅうおうのおしごと!』の魅力を、ネタバレ含む感想を交えて全力でオススメするレビュー記事となります。 まずは最年少竜王の九頭竜八一と、その弟子である雛鶴あいの物語のプロローグとなる1巻目となります。

『りゅうおうのおしごと!』将棋ラノベの名作を全力で紹介します!

『りゅうおうのおしごと』という名作将棋ラノベの情報(原作やアニメをはじめとするメディアミックスなど)を一挙にまとめ、登場人物紹介や原作小説のレビュー(ネタバレ含む感想)などを通して作品の魅力を全力で伝える「まとめ」のトップページとなります!

夏を感じる夏っぽいアニメ厳選10作品を紹介します!

// こんにちは! アニメ好きのあるいはと申します。 夏になると夏っぽいアニメが観たくなってきます。 季節を感じさせるアニメは少なくありませんが、中でも夏を感じさせるアニメって独特のノスタルジックな気分に浸れる気がして好きなんですよね。 夏が舞台…

『君の名は』のネタバレ含む感想。何故ここまでヒットしたのか?

// 『君の名は』は日本映画史に残る大ヒットアニメ映画作品となります。 世界的にみればあの『千と千尋の神隠し』をも上回るほどで、ジブリ以外のアニメ映画ではちょっと見たことが無いレベルで社会現象になっていましたね。 2019年6月現在、そんな『君の名…

『天気の子』2019年注目のアニメ映画ってどんな話? 新PVにネタバレのヒントが!?

// 2016年に日本映画史に残る大ヒットを記録した『君の名は』から3年。 新海誠監督の最新作『天気の子』の期待度は、『君の名は』の時以上かもしれませんね。 『君の名は』の公開時の新海誠監督は、コアなアニメファンなら知っているくらいの認知度のアニメ…

『天空の城ラピュタ』ファンなら訪れるべき素敵で楽しい友ヶ島の魅力!

// みなさん、こんにちは! 出不精なのにちょっと旅行してきたあるいはと申します。 どこに行ったかといえば和歌山県の友ヶ島。 いわずと知れたジブリの名作アニメ『天空の城ラピュタ』の世界観を彷彿とさせるような砲台跡が印象的な観光地ですね。 ラピュタ…

『名探偵ピカチュウ』コミカルで可愛らしいポケモンが魅力的な映画の感想(ネタバレ注意)

// こんにちは! 長かった2019年のGWもあと少し。 みなさんはいかがお過ごしでしょうか? 観光目的の観光も良いですけど、何か映画は観ましたか? そもそもGWとは、もともとは映画宣伝用語だったもの。 実際、毎年この時期はかなり気合の入っている映画…

最高にかわいい幼馴染属性キャラクターをランキング形式で紹介

// これまで妹属性、ボクっ娘属性について記事にしてきましたが、なんといっても最も親しみ深いのは幼馴染という属性のキャラクターなのではないでしょうか? 最近は必ずしもそうではありませんが、一昔前はメインヒロインといえば幼馴染属性のキャラクター…

平成最後の劇場版『クレヨンしんちゃん』の主人公はみさえ!? 野原夫婦に注目の良作の感想(ネタバレ注意)

// 2019年のクレしん劇場版は『クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜』。 タイトル長いですね~ 失われたひろしってサブタイトルに思わず吹き出しそうになってしまいます。(笑) 僕はこの映画のタイトルから、鑑賞前まで今回の映画の…

劇場版 『響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』青春が蘇る映画の感想(ネタバレ注意)

// 楽しみにしていた『響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』をさっそく観てきました! 原作の中でも一番大好きな『波乱の第二楽章』が原作となる映画だったので、特報映像が公開されたくらいのタイミングからマジで楽しみでしょうがなかったのですが…

劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』古参キャラばかりなのに真新しい映画の感想(ネタバレ注意)

// 楽しみにしていた『名探偵コナン 紺青の拳』がついに公開されたので、さっそく観てきました! 怪盗キッドが登場するのは『業火の向日葵』以来4作品ぶり。 そう考えると久しぶりではあるのですが、怪盗キッドの登場は劇場版『名探偵コナン』において定番…

最高にかわいいボクっ娘属性キャラクターをランキング形式で紹介

// 妹属性に続いて今回はボクっ娘属性の個人的なランキングを紹介したいと思います。 「僕」という一人称は、何でそうなったのか男性の使う一人称の一つになっています。 女性が使う一人称としては「私」が最も一般的でしょうか? しかし、「私」という一人…

最高にかわいい妹属性キャラクターをランキング形式で紹介

// いわゆる二次元キャラを見た時。 〇〇属性キャラだと括りたがる人は多いですよね。 年齢、性格、体形などなど。 属性の種類には枚挙に暇がありません。 しかし、そんな中でも妹属性のキャラクターってトップクラスの人気を誇るのではないでしょうか? 本…

『名探偵コナン』映画版作品の全て! 名作揃いの超エンターテイメント

// 長寿アニメの中には、毎年定例的に映画版作品が制作されている作品も少なくありません。 そういった作品には『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』『ポケットモンスター』『プリキュア』など比較的低年齢層向けの作品が多いのが特徴ですが、そう言う意味…

『スパイダーマン:スパイダーバース』こんなアニメ始めて観たって感じの映画の感想(ネタバレ注意)

// いわゆるアメコミ系の作品はあんまり好みではないのでマーベル作品はほとんど観ないのですけど、スタイリッシュな感じが格好良いのでスパイダーマンは好きなのです。 というわけで、話題のアニメ作品『スパイダーマン:スパイダーバース』を観てきました…

『本好きの下剋上』のTVアニメ化発表に「ひゃっほう!」ってなる!(祝)

animatetimes.com // ひゃっほう! どうも、『本好きの下剋上』のアニメ化決定の発表にそわそわが治まらないあるいはです。 本記事は、この発表を目にした興奮冷めやらぬ勢いで書いているので、若干テンションがおかしい点は大目に見ていただけると幸いです…

『ドラえもん のび太の月面探査記』辻村深月が贈るドラえもんの感想(ネタバレ注意)

// 前作の『のび太の宝島』があまりにも感動的で、僕の中でハードルがかなり上がってしまっているドラえもんの大長編。 2019年のドラえもんはどうかと思っていたら、まさかの脚本が小説家の辻村深月先生だという触れ込みで、期待は最高潮に高まっていました…

全編アニメ化に超期待の『フルーツバスケット』を 放送前におさらいだ!

fruba.jp 現在もっともアニメ化を楽しみにしているのが、この『フルーツバスケット』です。 昔の人気作品を再びアニメ化することが近年の流行になりつつありますが、そういった流れの中でのアニメ化でしょうか? 最初のアニメ化から20年経ってないケースでは…

ダンまち劇場版『オリオンの矢』英雄は必ずしも全てを救えないという話の感想(ネタバレ注意)

// 『ダンまち』は大好きな作品ですが、アニメ版は原作に比べるとかなりストーリーが遅れてしまっていることもあり、今のタイミングで劇場版と言われても実はそこまで期待していませんでした。 原作の方はスピンオフ作品も含め、各キャラクターの掘り下げや…

『りゅうおうのおしごと(10)』竜王の雛の殻にヒビが入る最新巻の感想(ネタバレ注意)

// 『りゅうおうのおしごと』もついに大台に乗りましたね。 10巻という節目的な巻だからでしょうか? 各巻ごとに誰かスポットが当たるキャラクターがいるのが定番になっている『りゅうおうのおしごと』ですが、メインヒロインである雛鶴あいにスポットがあた…

異世界転生だけじゃない!昔ながらの本格ファンタジー作品10選

// 近年のファンタジー作品といえば、なろう系小説の異世界転生・転移ものの作品が中心になっています。 読者である僕たちにとって身近な現代人が主人公がチート能力を手に大活躍する爽快な作品が多いのが魅力で、僕も数多くの作品を嗜んでいます。 しかし、…