あるいは 迷った 困った

漫画、ラノベ、映画、アニメ、囲碁など、好きなものを紹介する雑記ブログです。

『いじめるヤバイ奴(3)』こんな修学旅行の学園もの作品は初めて見た!(ネタバレ注意)

// 相変わらずヤバさ全開の作品ですね。 『いじめるヤバイ奴』は早くも3巻目です。 なんというか、面白いっていうのとは違うんですけど何故か続きを読みたくなってしまう何かがある作品ですよね。 感動したとか、スカッとしたとか、キャラクターが魅力的とか…

『犯人たちの事件簿(6)』ついにFILEシリーズの犯人が全滅した漫画の感想(ネタバレ注意)

// 『犯人たちの事件簿』もついに6巻目。 どうやら今巻で金田一少年の事件簿のファーストシーズンとも言うべきFILEシリーズは完了したようです。 ある意味ではミステリーにおける最大のタブーである犯人のネタバレを全力で行ってきた漫画とも言えるのですが…

スイッチ版の発売を前に『ドラクエ11』をおさらいしてみる!

www.dq11.jp // ついにニンテンドースイッチ版の『ドラゴンクエストⅪ』の発売日が発表されましたね。 2019年9月27日! あと3か月ちょっとで、『ドラゴンクエストⅪ』の素晴らしいセカイを再び体験できると思うと、今から楽しみでしょうがありません。 もとも…

『ラブひな(1)』現代お約束ラブコメの原点とも言える作品の感想(ネタバレ注意)

ラブコメときいて皆さんはどの作品を真っ先に思い浮かべますか? 僕は本記事で紹介する『ラブひな』を真っ先に思い浮かべます。 本記事のタイトルに「現代お約束ラブコメの原点とも言える作品」と題するくらいには、ラブコメというジャンルがイコール『ラブ…

『本好きの下剋上第四部(7)』アニメ化情報もどんどん出てきて盛り上がっている作品の感想(ネタバレ注意)

// 『本好きの下剋上』のアニメは2019年10月に決まったようですね。 マイン、フェルディナンド以外のキャストも公開され、ますます期待が高まってきます。 そして、今巻の内容については前巻の後日談的な色合いが強かったような気がします。 前巻ラストで頭…

『金色のガッシュ!!』原作漫画全巻のレビュー記事まとめ(ネタバレ注意)

『金色のガッシュ!!』という作品のことを、これまで「平成最高の激熱バディもの漫画」だと紹介してきました。 これは僕が昔『金色のガッシュ!!』という作品を読んだ時に感じた率直な感想そのままとなります。 しかし、今回全巻をレビューするにあたり久々に…

『ダンまち(15)』キャラクターの成長が見える短編集の感想(ネタバレ注意)

// 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』。略して『ダンまち』の最新15巻は箸休め的な短編集になっています。 前巻が息をつく暇もない冒険に次ぐ冒険といった内容だったので、久々の日常編といった感じですね。 あとがきによると、ナンバ…

『金色のガッシュ!!(16)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// ついにやさしい王様が誕生する最終巻です。(前巻のレビューはこちら) 大きくは邂逅編、石板編、ファウード編、そして最後のクリア・ノート編の4つに分類される『金色のガッシュ!!』ですが、これで最後になります。 長期連載の少年漫画には、どんな名作…

『君の名は』のネタバレ含む感想。何故ここまでヒットしたのか?

// 『君の名は』は日本映画史に残る大ヒットアニメ映画作品となります。 世界的にみればあの『千と千尋の神隠し』をも上回るほどで、ジブリ以外のアニメ映画ではちょっと見たことが無いレベルで社会現象になっていましたね。 2019年6月現在、そんな『君の名…

『金色のガッシュ!!(15)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// ついに最凶の敵クリア・ノートが登場する15巻です。(前巻のレビューはこちら) 魔物の王様を巡る戦いの生き残りも10名を切り最終盤に差し掛かっています。 全ての魔物を消し去ろうとする最凶の敵クリア・ノートが登場し、シェリー・ブラゴペアを含めた清…

連日報道される自動車事故。解決のカギは自動運転技術!?

// 平成の最後に発生した東池袋自動車暴走死傷事故。 2名の死者を含む12名の死傷者を出した痛ましい自動車事故の話題で、平成最後で令和最初のゴールデンウイークは持ちきりでしたね。 長期休暇に近いタイミングだったこともあって、高齢で自動車を運転する…

『金色のガッシュ!!(14)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// ついにファウード編が決着する14巻です。(前巻のレビューはこちら) 今までとは違うバオウ・ザケルガの力に翻弄されつつも、チェリッシュの助け、そして復活したティオの守りたい力。 様々な助けがあって、ついにガッシュとゼオンの決着がお膳立てされて…

『こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌(1)』ビブリオバトルをテーマにしたラノベの感想(ネタバレ注意)

// 『こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌』は、三上延先生の特大ヒット作である『ビブリア古書堂の事件手帖』のスピンオフ作品であり、篠川栞子をはじめとした『ビブリア古書堂の事件手帖』のキャラクターも登場するファンには嬉しい作品となってい…

『金色のガッシュ!!(13)』平成最高の激熱バディもの漫画の感想(ネタバレ注意)

// ゼオン戦が開幕する13巻です。(前巻のレビューはこちら) ファウード編もクライマックスが近付いてきましたね。 クライマックスが近いだけでまだまだこれからですが、個人的にはこの13巻の内容が連載当時から非常に強く印象に残っています。 清麿の復活…

『ダークギャザリング(1)』サイコな霊能少女が異色なホラー漫画の感想(ネタバレ注意)

中二っぽい女の子のキャラクターが結構好きです。 // そういうわけで表紙に惹かれて購入してみた『ダークギャザリング』でしたが、表紙の女の子・寶月夜宵はなかなかサイコで良いキャラクターをしていました。 霊能力者が怪異を相手取るフィクション作品には…